THIS  IS  BANSYU ORI


 

 

 

 

 雄大な山々、美しい川、豊かな自然に恵まれた、兵庫県西脇市。

 

その地域は200年以上続く「播州織」の産地として知られる。

 

その最たる特徴は、先に糸を染め、染め上がった糸で生地を織る、先染め織物だということ。

 

 

 

 

 

 

 

昨今では巡り巡る時代のニーズに対応するため、生地を織ったあと染めたり、製品になってから染められることが多い。

 

しかしそういったものと比べたとき、先染め織物は格段に色見が美しく、色の堅牢度も高い。加えて肌触りも優しい。

 

 

 

この地域では糸の染色から糊付け、整経、製織、仕上げ加工まで、各工程を細かく分業し、生産性を上げてきた。

 

各工程のプロフェッショナルが一つ一つの仕事を全うし、一つの生地を作っていく。

 

 

 

 

 

 

 

「播州織」というと、先染めのチェックシャツをイメージされる方が多いと思われる。素材は綿で薄手。

 

 

もちろん間違いではない。

 

 

ただ、そういったものだけでなく、麻・シルクなどの天然繊維、

 

ポリエステルやアクリル・レーヨンなどの化学繊維も用いられる。

 

 

 

 

 

 

 

素材だけではなく、織り方のバリエーションも多様で、

 

平織、綾織りはもちろん、多重織り、

 

ドビー織機やジャカード織機で織られた変幻自在な模様織り、

 

太番手を用いたデニムや密度を上げたタイプライターetc...

 

 

 

 

 

 

 

話し出すと終わりが見えないくらい、本当に種類が多く、用途も多岐に渡るのが「播州織」。

 

 

 

多くの方に知ってもらえたら嬉しく思います。